入国時エボラウィルス感染病(MVE)監視票 の書き方



2016年1月より、ブルキナファソに入国する者全員に、「入国時エボラウィルス感染症監視票」の提出が義務付けられました。

記入は、フランス語もしくは英語のみです。もちろん、日本語での記入は受理されません。

入国時エボラウィルス感染病(MVE)監視票は、機内、空港もしくは国境で入手できます。

 

 
入国時エボラウィルス感染病監視票(2016年1月現在)