ブルキナファソの世界遺産(文化遺産)



ブルキナファソ南西部に位置する「ロロペニの遺跡群」が、2009年世界遺産に登録されました。ブルキナファソでは唯一の世界遺産で、その敷地は11,130平方メートルに及びます。
世界遺産に登録されたのは、サハラ砂漠の黄金貿易を支えた100個の石垣の中の一部で、保存状態の最も良い10の要塞です。ラテライトで作られた高さ6メートルの石壁は、1000年以上の歴史があるとされており、約80%が現存しています。
ローロン族かクーランゴ族の支配の下で、金の抽出と精錬がなされ、14〜17世紀に最盛期を迎えましたが、19世紀初頭、この地が最終的にうち捨てられました。
まだ多くの遺跡が発掘されていないこともあって、神秘のベールに包まれおり、19世紀初頭の出来事が解明されれば、多くの情報をもたらすであろうと期待されています。