「ブルキナファソ」って知っていますか?


西アフリカの内陸に、正直で勤勉、そして争いごとが嫌いな、どこか日本人に似た感情を持っている民族が住んでいる国があります。人々は皆優しく、一度訪れるとほとんどの人がその魅力に取り付かれ、はまってしまいます。日本人が経済大国と引き替に失ってしまった心を、そこに見付けることができるからなのでしょう。治安は日本以上に良く、ここがアフリカかというほどで、夜、女性の一人歩きも心配いらないくらいです。NGOとして援助事業を行うのに、世界中を探してもこれほど良い国はありません。ブルキナファソには65の部族がおりますが、争いごとが嫌いで部族間同士のいざこざもありません。それが「ブルキナファソ」なのです。
しかし、就学率・識字率は世界最下位(EU世界統計年鑑より)、非識字率が99.8%といった村も少なくありません。土地は痩せ、これといった産業もなく人々は貧困・病気に苦しんでいます。多発する飢饉、食糧不足、マラリアをはじめとする感染症、寄生虫症で多くの人々が尊い命を落としているのも、また「ブルキナファソ」でもあるのです。 今、ブルキナファソでは、教育・医療・保健衛生・農業・砂漠化防止など、多くの分野で早急に援助の手が必要に迫られております。
このホームページを開いてくれたインターネット愛好者の方々、ワンコイン(¥500)で3
人の子供をマラリアから救うことができます。同じ地球の仲間として愛の手を差伸べて下さい。あなたの善意が一人の子供の命を救うのです。ご協力お願い致します。


国際ボランティアに参加しませんか?

 

ボランティア活動は難しいものではありません。ほんの少しだけ、「何とかしてあげたい」という気持ちがあると誰でも出来ます。国際ボランティアでは金銭的に援助はしているものの、援助活動を通して教えられるのは私たちの方なのです。
日本は今でこそ経済大国ですが、遣唐使の頃から海外援助を受けているのです。また、第二次世界大戦終結後、海外からの援助物資がなければ1,000万人以上の子供たちが餓死したといわれております。近年では、阪神大震災、東日本大震災など多くの国から援助を受けました。今はボーダレスの時代、私たちは同じ地球に住む仲間なのです。困っている人を見ると助けてあげるのは当たり前のことであり、そして過去に受けた恩は何らかの形で返さなければなりません。 私たちは営利団体でも政治団体、宗教団体でもありません。純粋に「何とかしてあげたい」と思っている人々の集まりです。あなたのもっている素晴らしい力を、ほんの少しだけ貸して下さい。私たちの小さな力が、何れは病んでいる惑星(ホシ)を救うのです。

 

 

  あなたも会員になりませんか?      

  

 

「日本ブルキナファソ友好協会」の活動は、皆様方の善意によって支えられております。あなたも会員になって協会の活動を支えて下さい。

・ニューズレター「HARMATTAN」(年3回発行)、年次報告書の配布
・「ブルキナファソの写真集」(DVD)をプレゼント
・JBFAオリジナルのポストカードをプレゼント
・スタディツアー、ブルキナファソ料理教室などへの参加
・ブルキナファソへの海外派遣
・国内でのイベント(アフリカンフェスタなど)などへの参加

     
    1. 団体会員  年会費 50,000円
    2. 個人会員  年会費 10,000円
    3. 学生会員  年会費  5,000円
    4.ブルキナベ会員  年会費 5,000円 

 


  海外派遣スタッフを募集しております     

  

   

「同じ地球の仲間として.....私たちにできること!」を合言葉に、一緒にブルキナファソで活動するスタッフを募集しております。活動内容・条件など詳細は事務局にお尋ね下さい。(派遣スタッフは会員であることが条件です)
「日本ブルキナファソ友好協会」は、ブルキナファソ政府公認の唯一の友好協会、NGO(民間活動団体)でもあります。 

 


 

入会ご希望の方は、上記の「JBFA会員お申込」のところを、海外派遣スタッフ登録希望の方は「海外派遣スタッフ登録」のところをクリックして下さい。
申込みページが開かれますので、必要事項をご記入の上、「送信」ボタンをクリックして下さい。
入金を確認次第(新規入会の方)、事務局より連絡させて頂きます。
お申込有り難う御座いました。