ポンプ式深井戸ができるまで(ブルキナファソでの井戸掘削)


ブルキナファソでは、命の水とも言われる井戸水。固い岩盤の中の水を給水することは容易ではありません。温泉を掘るような重機で、エアーハンマーを用いて40〜60mほど掘削します。
村落にはほとんど電気が通っていないので、ポンプの設置は深井戸用手押しポンプになります。このポンプは、水中でシリンダーを用いるため、挿入したケーシング(鉄管)は約10年ほどで磨り減ってだめになってしまいます。
使えなくなった井戸は国内に数え切れないほど点在しており、修復には掘削費の1/10程度の費用で済むため、今後はこれらの井戸の修復が強く望まれています。

    
電磁波で水脈調べ 掘削機到着 掘削機設置 掘削現場全景 掘削開始
掘削中 水脈にぶつかる 2mごとに砕石を採集 掘削は42.5mだった 給水した井戸水
ブロック造り 井戸周りの建設 井戸周りの完成 家畜の水飲み場 井戸の全景
ケーシングの挿入 砂でケーシングを固定 シリンダー シリンダーを挿入 ポンプの組み立て
完成したポンプ式深井戸 設置されたポンプ