2018年ロシア開催、FIFAワールドカップ
アフリカ予選

  

 
第三次予選「グループ-D」の結果
国 名 試合数 得点 失点 勝点
ブルキナファソ 2 1 1 0 3 1 4
南アフリカ 2 1 1 0 3 2 4
セネガル 2 1 0 1 3 2 3
カーボベルデ 2 0 0 2 0 4 0

 

2016年11月12日、首都プライアで行われたカーボベルデ戦は、2 - 1で勝利、暫定首位につけています。

次回は2017年8月28日、セネガル戦になります。

次の試合まで9カ月、もっと力を付けて、悲願のワールドカップ初出場を果たしてほしいものです。  

(2016年11月13日)

 

2016年10月8日、ワガドゥグで開催された南アフリカとの初戦は引き分けに終わりました。
後半試合開始35分に南アに1点先制されましたが、ロスタイム1分に、Banou Diawara 選手がゴールを決め引き分けに持ち込みました。
引き分けとはいえ、後半ロスタイムは、興奮のるつぼだったのでしょうね。
次回の試合は11月7日、カーボベルデ戦になります。  (2016年10月9日)


2016年6月24日、カイロ(エジプト)で行われた第三次予選の抽選会で、ブルキナファソはD-グループに割り当てられました。
D-グループは、ブルキナファソ(73位)、セネガル(41位)、カーボベルデ(49位)、南アフリカ(68位)の4カ国、リーグ戦(ホーム&アウェー戦)を行ない、首位のチームが本大会出場権獲得します。(FIFAランキングは2016年6月2日発表のものです)
試合は10月スタート、組み合わせチームから見ると、ブルキナファソは厳しい戦いになりそうです。何とか頑張って勝ち抜き、悲願のワールドカップ出場を果たしてほしいものです。   (2016年6月25日)

 

2015年11月17日 、ワガドゥグで行われた第二次予選のホーム戦、ブルキナファソはベナンに2-0で勝利をおさめ、二試合の合計が3-2となり、第三次予選(最終予選)へコマを進めました。
第三次予選は、下記の20カ国が出そろっており、抽選で5グループに分け、各グループの一位がロシア大会への出場を果たします。   (2015年11月18日)

 

【第三次予選出場国】
カメルーン、チュニジア、ギニア、コンゴ、エジプト、ナイジェリア、ガーナ、マり、DRコンゴ、コートジボアール、セネガル、カーボベルテ、アルジェリア、ザンビア、リビア、モロッコ、ガボン、ブルキナファソ、ウガンダ、南アフリカ

 

二次予選 試合結果
2015/11/12  ベナン 2-1  ブルキナファソ
2015/11/17  ブルキナファソ 2-0  ベナン

 

2015年11月12日、ベナン(コトヌー)で行われた第二次予選のアウェー戦、ブルキナファソは残念ながら2-1で敗れてしまいました。第二次予選は、二試合の合計得点で勝敗を決めますので、11月17日にワガドゥグで開催されるホーム戦に期待を掛けましょう。    (2015年11月13日)

 

2018年W杯・アフリカ予選が、2015年10月7日より始まりました。
アフリカからは53ヶ国がエントリー、一次予選はFIFA世界ランキング(2015年7月基準)に基づく下位26チームで行われます。ブルキナファソは上位27チームに入っておりますので二次予選からの出場になります。

二次予選は一次予選を通過した40チームが、2チームずつ20グループに分かれて試合を行ないます。ブルキナファソの対戦国は決まっており2015年11月にベナンと2試合対戦し、三次予選進出を狙います。
三次予選ラウンドは、20チームが5つのグループに分かれて直接対決(ホーム&アウェー戦)を行ない、各グループの勝者5チームがW杯本大会出場権を獲得します。 (2015年10月8日)